伝統ある茶缶にキッチンスタイルにあうカラーをのせた塗り缶 少し豊富な贈り物 日々道具 塗り缶 平型 200g グレー 江東堂高橋製作所 人気の雑貨がズラリ!

伝統ある茶缶にキッチンスタイルにあうカラーをのせた塗り缶! 日々道具 塗り缶 平型 200g グレー 江東堂高橋製作所 ★

伝統ある茶缶にキッチンスタイルにあうカラーをのせた塗り缶 少し豊富な贈り物 日々道具 塗り缶 平型 200g グレー 江東堂高橋製作所 伝統ある茶缶にキッチンスタイルにあうカラーをのせた塗り缶 少し豊富な贈り物 日々道具 塗り缶 平型 200g グレー 江東堂高橋製作所 グレー,平型,990円,www.iwamoto-seitai.com,★,キッチン用品・食器・調理器具 , コーヒー・お茶用品 , 茶道具・湯呑・急須 , 茶筒,日々道具,/inversive66105.html,200g,伝統ある茶缶にキッチンスタイルにあうカラーをのせた塗り缶!,塗り缶,江東堂高橋製作所 グレー,平型,990円,www.iwamoto-seitai.com,★,キッチン用品・食器・調理器具 , コーヒー・お茶用品 , 茶道具・湯呑・急須 , 茶筒,日々道具,/inversive66105.html,200g,伝統ある茶缶にキッチンスタイルにあうカラーをのせた塗り缶!,塗り缶,江東堂高橋製作所 990円 伝統ある茶缶にキッチンスタイルにあうカラーをのせた塗り缶! 日々道具 塗り缶 平型 200g グレー 江東堂高橋製作所 ★ キッチン用品・食器・調理器具 コーヒー・お茶用品 茶道具・湯呑・急須 茶筒 990円 伝統ある茶缶にキッチンスタイルにあうカラーをのせた塗り缶! 日々道具 塗り缶 平型 200g グレー 江東堂高橋製作所 ★ キッチン用品・食器・調理器具 コーヒー・お茶用品 茶道具・湯呑・急須 茶筒

990円

伝統ある茶缶にキッチンスタイルにあうカラーをのせた塗り缶! 日々道具 塗り缶 平型 200g グレー 江東堂高橋製作所 ★








伝統ある茶缶に今のキッチンスタイルにあうカラーが乗せられた塗り缶です。

光を通さず、においが移りにくく、湿気や酸化も防止します。
シンプル・コンパクトで、あらゆる用途に使用可能です。

日本は湿度の高い国なので、デリケートな茶葉を湿気から守るために、上蓋と胴の重なりの深さ(長さ)と、中蓋の二重構造で、気密性を確保する缶の作りになっています。
日本の風土に適した深蓋の作りやスチールの中蓋等、古来からの缶の作りの良い所はそのままに、製造工程に一部マシンメイドを組み合させることで、ハンドメイドだけでは不可能な安全面に配慮したお茶缶が作られています。
今もなお、ほとんどの作業工程を一つ一つハンドメイドで作り続けるAll Made in JAPANのお茶缶。
職人の手で一缶一缶微調整された、心地よい開閉感をご体感下さい。


蓋には穴があいています。
「カチッ」と音がするまで蓋を反時計回りに回してください。
(製造工程上のもので初期不良ではございません)


◆使用上の注意

・ご使用前や汚れ等が気になる際は、ブリキ面を硬く絞った布等で水拭き後、乾拭きし、水滴が残らないよう、完全に乾かしてからご使用いただくことをお勧めします。
・水滴が残った状態や水に触れた状態でご使用いただくと、錆が発生する恐れがあります。
・経年劣化等で錆が発生した場合は、ご使用を中止していただくことをお勧めします。
・錆びた状態の缶をそのまま放置すると、接触するほかの面に錆が移る場合がございますのでご注意ください。(一例:錆びた缶が長期間ステンレスのキッチン台に放置されると、錆がステンレス台に移る場合がございます。)
・液体・気体・ジェル状の物を缶に入れないでください。
・食器洗い機、電子レンジではご使用にならないでください。
・小児の手の届かないところに保管してください。
・缶を冷蔵庫に入れてご使用になると、より良い状態で茶葉等を保存できます。
但し缶を冷蔵庫から出し・入れした際の温度差で生じる水滴で、錆が発生する場合がございますので、ご注意ください。
・落下や不適切なご使用方法は、商品にダメージを与えます。適切にお取り扱いください。


素材スチール
サイズ約直径8.9×H11cm
重量約122g
内容スチール製中蓋付き
原産国日本


伝統ある茶缶にキッチンスタイルにあうカラーをのせた塗り缶! 日々道具 塗り缶 平型 200g グレー 江東堂高橋製作所 ★

閉じる

薬学科6年制
健康生命薬科学科4年制
について

本校では、薬学部に薬学科と健康生命薬科学科の2つの学科を置いています。その理由は「倫理観と臨床能力に優れ、自ら行動できる総合力を持つ薬剤師」が臨床現場で求められています。そのような薬剤師を養成するのが6年制課程です。一方、「健康と美容、医療の分野で研究・企画・開発する力をもった女性研究者・専門家」も求められています。そのような女性研究者・専門家を養成するのが4年制課程です。